『限度額適用認定証』が外来診療でも使えるようになります

現在、70歳未満の方が入院したときに病院窓口で医療費(3割相当額)を支払う際、その支払い額が高額療養費の支給対象となるような場合に、『限度額適用認定証』を提示すれば自己負担限度額までの支払いで済むようなっています。

この『限度額適用認定証』が平成24年4月1日から外来診療、訪問看護でも使用できるようになります。

なお、認定証を使用しないで自己負担限度額以上の金額を支払った場合でも、原則受診された月の2ヵ月後に共済組合から高額療養費が自動給付されます。

申請・交付について

所定の「限度額適用認定証申請書」を共済組合に提出いただければ、『限度額適用認定証』を交付します。

適用・有効期限について

共済組合が申請書を受け付けた月の初日から適用開始で原則1年間の有効期限となります。

認定証の返納

病院にかからなくなった場合や、ご本人の退職、被扶養者の資格喪失の場合は、必ず共済組合に返納してください。

自己負担限度額とは?

次の区分、算式により自己負担限度額が算出されます。
区分 自己負担限度額
上位所得者の方
(給料月額424,000円以上)

150,000円+(医療費−500,000円)×1%
一般の方
(給料月額424,000円未満)

80,100円+(医療費−267,000円)×1%

※算式中の医療費とは、診療にかかった総医療費額(10割)のことです。

高額療養費とは?

組合員またはその家族(被扶養者)の1ヶ月の医療費の自己負担額(3割相当額)において上記の表の算式による「自己負担限度額」を超える金額が「高額療養費」として支給されます。

×閉じる