後期高齢者医療制度の実施による組合員証について

これまでの「お知らせコーナー」や「リーフレット」等により皆さんに周知しているとおり、本年4月1日より75歳以上の組合員、被扶養者(65歳以上75歳未満の方で後期高齢者医療広域連合より障害認定を受けた方を含む。)の方は後期高齢者医療制度に加入することとなります。

該当となる方には、それぞれ居住地の老人保健の担当部署などからの通知等により、その制度、保険料などの説明が記載されていると思われます。

後期高齢者医療広域連合より、新しい保険証等が交付され、4月1日以降の病院では、新しい保険証を使って診察を受けていただくこととなります。

共済組合発行の組合員証(薄黄色のカード)は使用できませんので、共済組合に返却していただきます。

返却のことなどにつきましては、所属所あてに通知文書をもってお願いしているところですが、共済組合事務担当者の方にお問い合わせいただくか、共済組合保険課まで連絡いただきますようお願いします。

×閉じる