育児休業手当金の給付率の引上げについて

雇用保険法の改正に伴い、平成19年10月1日より、暫定措置として平成22年3月31日までに育児休業を開始した組合員に支給する育児休業手当金の内、6月経過後に給付する給付率を100分の10から100分の20に引上げ、休業中支給100分の30と合わせ100分の50とされました。

×閉じる